一日に必要な睡眠時間は何時間だろう?

休息の質を高めるために

睡眠時間には絶対的な基準が存在しないことが分かっています。

睡眠は、個人の体質、性別、年齢などに影響されるためです。「睡眠時間は個人によって異なります。もし昼間に眠気に悩まされることがなければ、十分な睡眠を取っていると言えます」と、専門家は述べています。

もし昼間に快適に覚醒して過ごせるのであれば、適切な睡眠をとれていると言えるのです。

「一日に必要な睡眠時間は何時間だろう?」という問いに対して、「もちろん人それぞれだし、睡眠不足には様々なリスクがある」ということは理解できるでしょう。

実際、様々な研究結果から、睡眠不足ががん、糖尿病、高血圧などの生活習慣病、うつ病や認知症など、さまざまな疾病の発症リスクを高めることがわかっています。

しかし、ただ単に寝る時間が長ければ良いというわけでもありません。米国の大規模調査では、7時間睡眠の人が最も死亡率が低く長寿であったという結果が出ています。

短い睡眠が健康にとってリスクであることは理解できますが、8時間を超える睡眠時間の人は死亡リスクが上昇するとも報告されています。

以前は、8時間が理想的な睡眠時間とされていましたが、学問的には根拠がありませんでした。

また、睡眠時間は年齢によって変化することもあります。

実際に行われた数々の研究データによると、夜間の睡眠時間は、10歳までは8〜9時間、15歳では約8時間、25歳では約7時間、45歳では約6.5時間、65歳では約6時間と、加齢に伴い必要な睡眠時間が減少することが報告されています。

多くの人が、「年を取ると昔ほど長くは眠れなくなる」と感じることがありますが、実際に年齢とともに必要な睡眠時間が減少しているのです。

成人の場合、個人差はあるものの、6〜7時間程度の睡眠時間が目安とされています。また、高齢者は若い頃に比べて早く寝て早く起きる傾向があるようです。

この現象は、体内時計の老化による変化によるものです。

睡眠だけでなく、血圧・体温・ホルモン分泌など、睡眠をサポートする多くの生体機能のリズムも、前倒しになります。

さらに、加齢とともに睡眠も浅くなる傾向があります。睡眠脳波を調べると、深いノンレム睡眠が減少し、浅いノンレム睡眠が増えることがわかります。

そのため、尿意や小さな音などでも何度も目が覚めることがあります。若い頃に比べて良く眠れなくなる経験をするかもしれませんが、実際には加齢とともに体に必要な睡眠の仕方が変化しているのです。

睡眠時間は季節によっても変動することが分かっています。

秋から冬にかけて日が短くなると、睡眠時間は長くなり、春から夏にかけて短くなる傾向があります。

このことから、睡眠時間と日照時間は深く関連していることが示唆されています。

最も日の短い12月から1月には睡眠時間が長くなりやすく、6月から7月の初夏には最も短くなることがわかっています。

朝型人間や夜型人間というのは、生まれつきの体質に関わる遺伝子多様性に関係していることが明らかになってきました。

朝が苦手かどうかは、その人のやる気や性格と関連していると受け止められることがありますが、実際には性格との関連性は明確にはされていません。

一般的には若い人ほど朝が苦手ですが、年をとると少しずつ改善される傾向があります。

これは、加齢による睡眠調節の老化が原因であることもわかってきました。

したがって、同じ人でも季節や年齢によって睡眠時間は変動するため、睡眠時間の長さにこだわりすぎる必要はありません。

また、睡眠時間は個人差があり、5時間未満の短い睡眠で十分な人から、成人でも10時間以上の睡眠を必要とする人まで様々です。

睡眠は、身体が必要としている時間以上の睡眠をとることはできないと言われており、睡眠時間に過度にこだわると、睡眠が浅くなったり、不眠になることが多いようです。

最後に、睡眠における重要な要素として、睡眠時間の確保と体内リズムの整え方について詳しく説明します。

まず、その重要性に触れてみましょう。

睡眠時間を十分に確保することは、私たちの健康にとって非常に重要なことです。もし日中に頻繁に眠気を感じることや、休日に朝遅くまで寝てしまうことがある場合は、普段の睡眠時間が不足しているサインです。

無意識に睡眠が不足していることになってしまいます。

睡眠時間を確保できなくなることは、風邪をひきやすくしたり、高血圧や糖尿病のリスクを増加させる可能性もあります。

さらに、記憶力や感情、パフォーマンスにも大きな影響を及ぼすことが報告されており、睡眠不足による経済的損失も少なくありません。

必要な睡眠時間を確保することは非常に重要です。

睡眠不足以外にも注目すべき問題があります。

それは体内リズムの乱れです。海外旅行に限らず、夜更かしや朝寝坊などによって体内リズムは簡単に乱れます。

体内リズムが乱れると、睡眠時間自体は充分に取っているのに眠りにつけず、目覚めが悪くなることもあります。

体内リズムの乱れは、肥満や生活習慣病、日中の疲労感やパフォーマンスにも関与していると報告されています。

朝日を浴びる、しっかり朝食を摂る、夜に強い光を避けるなど、体内リズムを整えるための習慣が重要です。睡眠には、脳や身体の休息、疲労回復、免疫機能の向上、記憶の定着、感情の整理など、さまざまな重要な役割があります。

睡眠不足を解消するために、体内リズムを管理しながら、充実した日々を過ごしましょう!

体内リズムを正常にするにはこちらの目覚まし時計をおすすめします。
■>>>【光目覚まし時計 トトノエライトプレーン】

カテゴリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました